English

TOEIC英単語の勉強法【コツも紹介】

2020年6月8日

読者
TOEICに出てくる英単語ってどうやって勉強したらいいんだろう?

何かおすすめの勉強法があったら教えてほしい。

このような悩みにお応えします。

 

この記事の内容

・TOEIC英単語の勉強法【2つ紹介】

・TOEIC英単語を勉強するコツ

 

この記事を書いている僕は、TOEIC初回受験で810点、2回目の受験で900点を取得しました。

海外に長期滞在した経験や語学留学の経験はありません。

今回はそんな僕がTOEIC単語の勉強法について解説します。

 

TOEIC英単語の勉強法【2つ紹介】

TOEICの英単語の勉強法として僕が実際にやってきた方法をメリット・デメリットあわせて2つ紹介します。

・単語帳を使った勉強法

・問題集を使った勉強法

それでは順に説明します。

 

単語帳を使った勉強法

これはTOEICの勉強に限らず、皆さん1度はやったことのある勉強法だと思います。

高校などでは大体1冊は教科書と一緒に買わされて使っていましたよね。

もちろんTOEICの英単語についても単語帳を使って勉強することができます。

それでは、単語帳を使った勉強法メリット・デメリットについて解説します。

 

単語帳を使って勉強法のメリット

単語帳を使った勉強法のメリットは「いつでもどこでも気軽に取り組むことができること」です。

単語帳は持ち運びに便利なサイズなので、家でも外出先でもどこでも使用することができます。

また、短い時間の間でも取り組むことができるので、家でのちょっとした時間や通学中の電車・バスに乗っている時間、授業の間の時間などいつでも使用できます。

このように気軽に取り組むことができるのは、学習のハードルを下げることにつながるので単語帳の大きなメリットだと思います。

 

単語帳を使った勉強法のデメリット

単語帳を使った勉強法のデメリットは「単語が定着しにくいこと」です。

単語帳は気軽に取り組める一方で、英単語を日本語の意味と結びつけて覚えるという単純作業なので、記憶に残りにくいと思います。皆さんの中で高校時代に使用してそのように感じた方も多いと思います。

短期的には記憶できるかもしれませんが、単語帳を進めていくうちに最初の方の単語が記憶から抜けてきたりすることもあると思います。

 

問題集を使った勉強法

この方法も英語の長文の勉強などで自然とやったことのある勉強法だと思います。

長文を読んで出てきたわからない単語の意味を調べて覚えたり、問題の解説ページなどで語句一覧として取り上げられた単語を覚えるという勉強法です。

それでは、問題集を使った勉強法のメリット・デメリットについて解説します。

 

問題集を使った勉強法のメリット

問題集を使った勉強法のメリットは「単語が定着しやすいこと」です。

長文の中に出てきた単語は長文の内容や文脈などと一緒に覚えることができるので、単語単体で覚えるよりも記憶に残りやすいです。

また、単語帳とは違い自分がわからなかった単語のみ勉強すれば良いので効率のいい勉強法とも言えます。

 

問題集を使った勉強法のデメリット

問題集を使った勉強法のデメリットは「勉強のハードルが高いこと、量が少ないこと」です。

単語を覚えるために、長文を読んで問題を解くというプロセスを一緒に行わなければいけないので、ある程度時間を確保して取り組む必要があります。

また、長文に出てきた単語のみがターゲットなので、1回の勉強で覚える単語数が少ないというデメリットもあります。

 

TOEIC英単語を勉強するコツ

このように単語帳、問題集を使った勉強法はどちらも一長一短ですが、取り組み方を工夫することでデメリットを小さくすることができると思います。

そこで、これまで紹介した2つの方法それぞれについて、デメリットを減らすコツを紹介します。

 

単語帳を使った勉強法の場合

単語帳を使う場合のデメリットは定着しにくいことでしたが、以下のことを実践すると定着率は向上すると思います。

・一通り進めるのではなく、少しづつ進める

・わからなかった単語に印をつける

 

一通り進めるのではなく、少しづつ進める

単語帳を最初から最後までひたすら進めるのではなく、何ページかに区切って取り組むのがいいと思います。

その部分に出てくる単語を完璧にするまで繰り返し取り組み、その後また次の部分に取り組むというように進めた方が記憶に残りやすいと思います。

 

わからなかった単語に印をつける

これは単純なことですが、わからなかった単語に印をつけて、次回以降はその単語だけに取り組むようにすれば効率的に取り組むことができます。

消せるようなもので印をつけて覚えたら印を消すというようにすれば、どんどん印を減らすことができて達成感があると思います。

 

問題集を使った勉強法の場合

問題集を使う場合には取り組むハードルを下げるために以下のことに取り組みましょう。

・オリジナルの単語帳を作る

 

問題集を解いて出てきたわからなかった単語をエクセルなどでまとめて、オリジナルの単語帳を作れば気軽に勉強することができるようになります。また、問題に取り組むたびに新しい単語を追加し、内容を更新することもできます。

 

このように少し工夫するだけでより効果的に勉強することができます。

 

まとめ:TOEIC英単語の勉強法

最後に今回の内容をまとめます。

・英単語の勉強法は単語帳を使った方法と問題集を使った方法がある

・どちらの方法にもメリット・デメリットがある

・取り組む方法を工夫すればデメリットを減らすことができる

こんな感じです。

 

今回はTOEIC英単語の勉強法として単語帳、問題集を使った2つの方法を紹介しましたが、他にもアプリを使った勉強法もあると思います。

僕があまりアプリで勉強したことがなかったので今回は紹介しませんでしたが、今後使用することがあればまた紹介しようと思います。

今回は以上です。

-English
-,