English

TOEICで800点とるための勉強法【初回受験でも取得可】

2020年6月2日

読者

TOEICで高得点目指して勉強しているけど、600〜700点台で伸び悩んでる。

どんなことに意識して勉強すれば800点取れるんだろう?おすすめの勉強法があったら知りたい。

このような悩みにお応えします。

 

この記事を書いている僕は、TOEIC初回受験で810点、2回目の受験で900点を取得しました。

帰国子女でなければ語学留学もしたことがない僕でも取得できました。

 

TOEICで800点とるために必要な勉強法とは

まず具体的な勉強法を紹介する前に、TOEICで800点取得するために必要な知識やスキルについて僕の経験をもとに解説します。

 

知識について言うと高校英語で十分

 

読者
TOEICってビジネス英語って聞くし、TOEIC用の単語とか知識がないと高得点取れないんじゃない?

と思う方がいるかもしれませんが、実際にはそんなことは全くありません。

高校までに習った知識だけで十分にTOEICで高得点を狙うことは可能です。

 

なぜなら、僕自身、大学に入ってすぐの6月に受験して810点を取得することができたからです。

一応TOEIC用の単語帳を買いはしましたが、全体の1/3程度パラパラ眺めて本番を迎えました…。

つまり、ほぼ高校の頃身につけた英語力だけでTOEICで810点取れたと言うことです。

 

ちなみに僕の高校時の英語力は、センター試験で安定して9割取れるくらいで結構得意な方でした。

なので、高校の頃英語が得意だった人はその英語力を保ったままTOEICを受験すれば、意外と簡単に高得点を狙うことができるかもしれません。

 

TOEICの形式に慣れる

 

先ほど知識については高校英語で十分とお話ししました。とはいえ何の対策もせずに受験して、TOEICで800点を取るのは難しいと思います。

なぜなら、自分の持っている知識をTOEICのテスト形式に合わせる必要があるからです。

 

例えば、センター試験(もう廃止されましたね…)や大学の二次試験など受ける試験が異なれば、制限時間や問題の傾向などにも違いがありますよね。

同じようにTOEICにも制限時間があり、TOEIC特有の問題の傾向というものがあります。

なのでこれらを意識しなければ自分の持っている知識をフル活用できなくなってしまいます。

 

TOEICで800点取るための具体的な勉強法は?

ここからはTOEICで800点取るために具体的にどのような勉強をすればいいのか解説します。

・まずは自分が持っている参考書を勉強する

・TOEICの過去問や模試などを解いて形式に慣れる

 

まずは自分が持っている参考書を勉強する

僕は受験英語がまだ残っていたのでこのステップは飛ばしましたが、受験英語を忘れた、もしくはあまり英語が得意でなかった方は、まず自分が既に持っている参考書を完璧にするくらいの思いで取り組んでください。

もし、過去に使った参考書がないという方は、TOEIC用に売られているものを購入していただいてもかまいません。

 

特に取り組んでいただきたいのは文法やイディオムがまとまったような参考書です。このような参考書を完璧にすることによって、リーディングセクションの文法問題は簡単に解けるようになると思います。

 

TOEICの過去問や模試などを解いて形式に慣れる

TOEICを受験したことのない方はもちろん、受験したことがあるという方もTOEICの過去問などは受験前に必ず解いてください

過去問などを解くことはTOEICの問題形式や時間配分に慣れるためにとても重要なので何度か解いてみてください。

慣れるだけでも本番の集中力が上がったり問題をスムーズに解くことができたりと得点アップにつながると思います。

 

まとめ:TOEICで800点取るための勉強法

最後に、今回の内容をまとめます。

・TOEICで800点取るのに必要な知識は高校英語でOK

・TOEICの形式に慣れることが大切

・まずは自分が持っている参考書を完璧にする

・TOEICの過去問を解いてみる

こんな感じです。

 

TOEICで800点取れたら大学で単位に変換できたり、就職するときにもアピールできたりと役立ちますよね。

参考書の使い方などはまた別の記事で紹介しようかなと思います。

今回は以上です。

-English
-,