English

【無料体験あり】トーキングマラソンを2週間使ってみた感想

2020年9月24日

読者
何かいい英会話アプリはないかな〜?

トーキングマラソンってどんな感じのアプリなんだろう?

このような悩みにお応えします。

 

この記事の内容

・トーキングマラソンってどんなアプリなの?

・実際のアプリの画面を紹介

・トーキングマラソンのメリット・デメリット

・トーキングマラソンの登録方法【無料体験】

・トーキングマラソンの解約方法

 

この記事を書いている僕は国立大学工学部の3年生です。

英語力に関して言うと、TOEICで900点取得しています。

今回はそんな僕がトーキングマラソンの特徴や登録・解約方法について解説します。

 

トーキングマラソンを2週間使ってみた感想

まず初めに、トーキングマラソンを2週間体験してみた正直な感想を言います。

 

yoshi
内容はすごく良いけど、毎月使うって考えると料金が高い…

 

これが僕の正直な感想です。

それでは、トーキングマラソンの内容が具体的にどう良いのかなぜ料金が高いと感じるのかなど、トーキングマラソンの特徴を見ていきたいと思います。

 

トーキングマラソンってどんなアプリなの?

初めにトーキングマラソンの特徴をまとめます。

・アルクのキクタンをベースに開発

・「話す」ことに特化した英会話トレーニング

・1日5分から取り組める

・1日あたりの料金132円

それでは順に解説します。

 

アルクのキクタンをベースに開発

トーキングマラソンは、語学学習で有名なアルクの「キクタン英会話」をベースに開発されています。

もしかしたら、この記事を読んでいるみなさんの中にも、キクタンの単語帳を使ったことがあるという方がいるかもしれませんね。

 

yoshi
アルクの教材がベースなら安心できますね

 

話す内容は、英語の映画やドラマ、英会話フレーズ集などを徹底分析して絞り込まれた、日常生活で使用頻度の高い520のフレーズから構成されています。

ちなみに、フレーズに登場する単語は中学校で習うものばかりなので、英語初級者の方でも知っているような単語でスピーキング能力を鍛えることができます。

 

「話す」ことに特化した英会話トレーニング

「トーキングマラソン」と言う名前の通り、「話す」ことに特化しています。

後ほど、実際のアプリの画面と一緒に詳しく解説しますが、トレーニング中は「ひたすらスピーキング」です。

 

トーキングマラソンでは、スマホに向かって1人で練習できるので、間違いや発音を恥じることなくどんどん話そうという気になります。

また、6秒という制限時間内に話す必要があるので、瞬発力を鍛えることもできます。

 

yoshi
パッと英語を思い浮かべて話すのはなかなか難しいですが、リアルな会話に近い感覚が味わえます

 

1日5分から取り組める

トーキングマラソンは1つのスキットに5分程度で取り組むことができるので、ちょっとした空き時間にもサクッと取り組むことができます。

また、自分のやりたい時に自分のペースで取り組むことができる点もメリットです。

 

yoshi
取り組むハードルが低いのは毎日継続する上でかなり大切ですからね

 

1日あたりの料金132円

トーキングマラソンの料金は、月額3,980円(税抜)なので、1日あたりに換算すると132円程度です。

正直この価格は安いとは言い切れませんが、あとで説明するように使い方や考え方によっては、この値段を払う価値はあると思います。

 

実際のアプリの画面を紹介

次に、実際にどんな感じでトレーニングに取り組むのかということについて、アプリの画面と一緒に解説します。

 

スキットトレーニング

トーキングマラソンの基本的なトレーニングは、この「スキットトレーニング」です。

毎日5時と17時に3つのスキットが入れ替わります。

 

画面を見るとわかるように、3つのスキットのうち2つは新しいスキット1つは過去にやったスキットの復習という構成です。

「スタート」を押すと、赤矢印が指しているスキットから順番にトレーニングが始まります。

 

 

1つのスキットは3つのステップから構成されていて、最初のステップは「1.RUN」です。

「1.RUN」では、各テーマにあったシチュエーションでの会話形式でトレーニングをします。

まずは、相手が話しかけてきて、画面には英語で表示されます。

今回の場合は、「It took longer than we expected.(思っていたより時間がかかったね。)」と相手が話しかけてきました。

 

 

すると、今度は自分が返答するターンとなり、答える文が日本語で表示されるので、瞬時に英語を思い浮かべてスマホに向かって話します。

今回の場合は、「お昼にしようよ。」と表示されているので、これを英語に変換して話します。

 

yoshi
画面の青いゲージが制限時間を表していて、時間を過ぎると次へ進んでしまいます!

 

自分が話した英語が認識される、もしくは制限時間が過ぎると、右の画面のように、上に模範解答、下に認識された音声が「あなたの発話」として表示されます。

またこの時、模範解答と「あなたの発話」がどの程度一致しているかによって、以下の5段階で評価されます。

・Excellent:完全一致

・Great:ほぼ一致

・Good:大体伝わる

・You Can Do It:とりあえず言えた

・Speak Up:話せなかった、認識されなかった

今回の場合は、「Let’s have lunch.」が模範解答で、実際にその通り認識されたので、Excellentと表示されています。

 

「1.RUN」では、このようなやりとりが、おおよそ4往復ほど行われます。

 

 

「1.RUN」が終わると、次は2つ目のステップ「2.WORK OUT」です。

「2.WORK OUT」では、「1.RUN」出てきたフレーズや同じ表現を使った別のフレーズを練習します。

 

 

ここでも、「1.RUN」と同じように制限時間が設けられていて、5段階評価もされます。

フレーズを正しく言えたら「言えた」、言えなかったら「言えなかった」を押して次に進みます。

「言えなかった」を押したフレーズは後で繰り返し表示され、言えるようになるまで繰り返し練習します。

今回のスキットでは「Let’s have lunch.(お昼にしようよ。)」が会話の中で登場しましたが、「2.WORK OUT」では同じ表現「Let’s ~ 」を使った、「Let’s play cards.(トランプををしよう。)」などが出てきました。

 

yoshi
他にも「Let’s get together.」「Let’s get started.」などもありました

 

このように1つの表現で様々なフレーズを練習することで、表現を定着させることができます。

 

 

最後は3つ目のステップ「3.RUN AGAIN」で、ここでは再び「1.RUN」と同じ内容に取り組みます。

 

yoshi
「2.WORK OUT」で練習した成果を試してみましょう!

 

終了すると、「1.RUN」「3.RUN AGAIN」のそれぞれについて達成具合が表示されるので、自分の成長を感じることができます。

また、「スキット(ワークアウト)の文面を確認する」をクリックすると、それぞれ英語と日本語を照らし合わせて確認することができます。

 

スキットセレクト

トーキングマラソンのもう1つのトレーニングとして、「スキットセレクト」があります。

こちらは、過去に完了したスキットから自由に選択して取り組むことができます。

 

yoshi
「WORK OUT」と「RUN」のどちらかやりたい方を選んでトレーニングできます

 

過去の「RUN」の結果の最高点も表示されるので、全部100%目指して頑張りましょう。

トーキングマラソンのメリット・デメリット

次に、実際に2週間無料体験をした僕が感じた、トーキングマラソンのメリット・デメリットをまとめます。

 

それでは、まずはデメリットから。

・音声が上手く認識されない時がある

・料金が高い

 

音声が上手く認識されない時がある

僕の発音が悪いのか精度が悪いのかはわかりませんが(ほとんどの場合前者)、たまに上手く音声を認識してくれない時があります。

同じフレーズで何回も誤って認識されると、少しストレスを感じます。

 

yoshi
僕の場合、「I’ll ~ 」が「I ~ 」になったり、「he」が「she」と認識されることが多かったです

 

料金が高い

1番のデメリットは料金が高いことです。

先ほども書いたように、月額3,980円(税抜)なのですが、これはちょっと高いです。

実は、この料金の中には、毎月1回もらえる25分のオンライン英会話の無料チケットも含まれているのですが、僕が調べたところ500円相当の価値だったので、やはり高いかなという印象です。

※もちろん本来であれば、高い月額料金を払わなければ体験できないオンライン英会話でのレッスンを、毎月1回受講できるのはメリットだと思います。

 

トーキングマラソンの料金がどれくらい高いのかは、他の類似サービスと比較すればわかります。

例えば、CMでもよく見るスタディサプリの「新日常英会話コース」の場合月額1,980円(税抜)とトーキングマラソンの約半額です。

 

ただ、毎月継続して利用するのは高いと感じますが、1,2ヶ月だけ集中的に取り組むくらいなら良いのかなと思います。

ほとんどオンライン英会話が月額6,000円以上(月に30回程度受講できるコースの場合)かかるので、それと比較するとかなり金額を抑えることができます。

 

続いて、メリットをまとめます。

・リアルな英会話に近い体験ができる

・自分の発音が可視化される

・やることがシンプルで短時間で取り組める

 

リアルな英会話に近い体験ができる

トーキングマラソンは、いきなり会話パートから始まって、日本語が表示されてから6秒以内に答えなければならないという制限もあるので、取り組んでいる時の頭の働き方が実際に会話している時に近い気がします。

先ほど挙げた「スタディサプリ」の場合は、1回英語が表示された後に話す形式なので、トーキングマラソンほどのリアルさはありません。

 

yoshi
瞬時にパッと英語を思い浮かべるトレーニングがクセになります

 

自分の発音が可視化される

自分の発音が文字として起こされるのもメリットだと感じます。

先ほど書いたように、たまに上手く認識されないこともありますが、ほとんど正確に認識してくれるので、自分の発音がどう聞こえているのかが客観的にわかります。

「スタディサプリ」の場合は録音した自分の音声を正解と聴き比べるタイプなので、自分での判断になります。

 

やることがシンプルで短時間で取り組める

トーキングマラソンは基本的に「スキットトレーニング」の3つのスキットを毎日こなせば良いので、やることがとてもシンプルでわかりやすいです。

また、1スキットあたり5分程度で取り組めるので、取り組むハードルが低く、楽に継続できます。

 

yoshi
僕の場合は2週間体験して、1日あたり平均18分取り組んでいました

 

トーキングマラソンの登録方法【無料体験】

ここまで読んだ方の中には、「実際に試してみたい!」と思った方もいると思います。

なので、ここからはトーキングマラソンの登録方法について画像付きで解説します。

 

yoshi
今なら無料で2週間体験できますよ!

 

手順1:トーキングマラソンの公式サイトにアクセスする

まずは、トーキングマラソンのサイトにアクセスしましょう。

※リンクをクリックすると公式サイトに飛びます

 

アクセスすると以下の画面が表示されるので、「2週間無料お試し」をクリックします。

 

 

手順2:メールアドレスなどを入力する

続いて、以下の画面が表示されるので、メールアドレスなどを入力します。

 

①メールアドレス

②ニックネーム

③パスワード

上記を入力したら、「登録する」をクリックしましょう。

すると、以下の画面が表示され、仮登録が完了しますので、続いて本登録に進みます。

 

 

手順3:本登録・支払い情報の入力

仮登録が完了すると同時に、登録したメールアドレスに以下のようなメールが届くので、【本登録・購入ページ】の下に記載されたURLをクリックします。

 

 

すると、以下の画面が表示されるので、支払い情報を入力します。

 

 

支払い方法はクレジットカードのみとなっています。

情報を入力したら、規約などを確認して「同意して決済」をクリックします。

 

yoshi
画面にも表示されている通り、無料体験が終了するまでに解約すれば、料金は一切かからないのでご安心を

 

本登録が完了すると以下の画面が表示されるので、早速アプリをダウンロードしましょう。

 

 

また、本登録と同時に以下のメールが届くので、合わせて確認してください。

 

 

アプリのダウンロード解約手続きはこのメールに記載されたURLからもできます

 

トーキングマラソンの解約方法

引き続き、トーキングマラソンの解約方法についても画像付きで解説します。

 

手順1:マイページにアクセスする

マイページはアプリや本登録した時に届いたメールのリンクからもアクセスできますが、以下のリンクからでも飛べます。

>> マイページにアクセスする

マイページにアクセスすると以下の画面が表示されるので、メールアドレスとパスワードを入力してログインしましょう。

 

 

手順2:解約手続きを進める

ログインすると以下の画面が表示されるので、「解約する」をクリックします。

 

続いて、以下の画面が表示されるので、「解約実行」をクリックします。

 

解約が完了すると以下の画面が表示されます。

 

 

yoshi
解約しても無料期間内であればサービスは利用できるので、解約予定の方は早めに手続きしましょう

 

トーキングマラソンを2週間無料体験してみる

 

まとめ:トーキングマラソンは料金は高いが内容はとても良い!

今回はトーキングマラソンの特徴や登録・解約方法についてまとめました。

個人的には、もう少し料金が低かったら継続して利用したいと感じるレベルでした。

無料体験はやる価値アリなので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

今回は以上です。

 

-English
-, ,