Acoustic Guitar

アコギ初心者におすすめの曲は?【結論:好きな曲を弾けばいい】

2020年8月3日

読者
最近アコギを始めたけど、どんな曲から練習すればいいのかな?

何か初心者におすすめの曲があったら教えてほしい。

このような悩みにお応えします。

 

この記事を書いている僕は大学からアコギを初めて現在3年目です。

今回はそんな僕がアコギ初心者におすすめの曲について解説します。

 

アコギ初心者におすすめの曲は?

 

この記事を読んでいる方は、最近アコギを始めたばかりという方が多いと思いますが、皆さんはどんな曲を弾きたいと思ってアコギを始めましたか?

もし皆さんの中でソロギターなど難易度の高い曲を弾きたいと思って始めた方がいましたら申し訳ありません。

その場合はコードで弾けるような曲で自分の好きな曲を想像してください。

 

なぜいきなりこのようなことを聞いたのかというと、まさに「今皆さんが想像した曲」がアコギ初心者にとっておすすめの曲だからです。

つまり、アコギ初心者におすすめの曲は、皆さんの好きな曲や好きなアーティストの曲です。

もしかしたら、皆さんの中にはこれを聞いて、

 

読者
本当に自分の好きな曲からでいいの?

と思われる方もいるかもしれません。

確かに、ネットでアコギ初心者におすすめの曲を調べると、コード進行が簡単な曲や初心者の壁とも言われるFコードのようなバレーコードが少ない曲が出てくると思います。

 

yoshi
具体的には、スピッツの「チェリー」などがアコギ初心者におすすめの曲の定番となっていますよね。

 

もちろんこのような定番の曲から始めてもいいと思いますが、個人的には自分の好きな曲から始めた方がいいと思います。

 

よく聞いている曲なら弾きやすい

どうして初心者に自分の好きな曲から始めるのをおすすめするかと言うと、単純に弾きやすいとからです。

なぜ弾きやすいのかというと、好きな曲であれば普段からよく聞いているため、曲のリズムやギターのストロークが何となく頭に残っているからです。

もし、ネットで出てきた初心者向けの曲を弾こうと思っても、普段あまり聞いていなくてサビの部分しか知らないような曲だったら、リズムとかも掴みづらくて弾きづらいですよね。

初心者の時は、ただでさえコードチェンジなどに手間取ってすらすら弾けないのに、よく知らない部分が出てきたら余計に詰まって気分よく練習することができないと思います。

 

yoshi
なので、普段からよく聞いていて、リズムなどもよく知っている自分の好きな曲から始めるのがおすすめです。

 

モチベーションが上がる

自分の好きな曲から始めるのがおすすめな理由として、練習に対するモチベーションが上がることも挙げられます。

初心者のうちはバレーコードが1つ出てきただけで苦戦してしまい、なかなか弾けないことが練習に対するモチベーションの低下にもつながります。

しかし、自分の好きな曲であれば、例え難しい部分が出てきて苦戦しても、「好きな曲を弾けるようになりたい!」という気持ちがあるので、弾くことに対するモチベーションを保つことができます。

 

僕はMr.Childrenの「HANABI」から始めました

ここで、僕の経験も少しお話ししようと思います。

僕がアコギを始めようとした理由は、「HANABI」のイントロが弾きたかったからです。

 

yoshi
とてもピンポイントですよね笑

 

もともとミスチルが好きでよく聞いていたのですが、浪人していた時期にふと

 

yoshi
「HANABI」のイントロってかっこいいな〜、自分でも弾いてみたい。

と思ったので、受験が終わったらアコギを始めることを決意しました。

 

受験が終わったら即アコギを買い、教則本で基本的なことを学んだ後はすぐに「HANABI」を練習し始めました。

また、コードがある程度弾けるようになったらすぐにイントロの部分も練習し始めました。

コードチェンジも割と多く、単音の練習も難しかったのですが、自分が弾きたいと思っていた曲だったので途中で挫折することもなかったですし、モチベーションを高く保ったまま練習を続けることができました。

 

このように自分の好きな曲から始めることで、楽しく練習できるだけでなく、難しい部分があってもどんどん挑戦していけるので速く上達することができます。

 

まとめ:アコギ初心者は好きな曲から始めよう

最後にこの記事をまとめます。

・初心者は自分の好きな曲から始めるのがおすすめ

・自分の好きな曲なら弾きやすく、モチベーションも維持しやすい

・多少難しくても挫折しにくい

こんな感じです。

 

自分の好きな曲が弾けるようになるととても楽しいので、皆さんもぜひ自分の好きな曲をどんどん練習してみてください。

今回は以上です。

 

-Acoustic Guitar
-,